栄養療法の考え方|腎臓病食の宅配弁当を食べて健康的な食生活を送ろう!
女性

腎臓病食の宅配弁当を食べて健康的な食生活を送ろう!

栄養療法の考え方

シニア男性

栄養療法の目的は、栄養不良に陥っている患者に対して栄養管理を十分に行なうことで病気を快方に向かわせ、また、合併症の予防にも繋げるというものになっています。栄養療法には、入院期間の短縮と医療費の削減が期待できるという利点があります。
栄養療法を行なうには、まず入院時の栄養状態の判定を行なう必要があります。栄養不良が傍目でも認識できるほど著しいような状況であれば視診で判断できる場合もありますが、適切な栄養状態を判定することがやはり重要です。この行為を栄養評価と呼びます。
栄養療法が必要になるような状況はいくつかありますが、大きくは、中度から高度の栄養不良状態が認められた場合、カタボリズム亢進が認められた場合、長期に渡って経口摂取が行なえない場合の3点が挙げられます。判定の目安としては、体重の減少があります。入院時の体重が通常時より10パーセント減少していれば、栄養療法が必要とされます。
栄養法として行なわれる方法は大きく3点あり、経口投与、経腸栄養法、静脈栄養法が挙げられます。この時、経口摂取が可能で必要な量の食事がとれていないという状況である場合は、栄養価の高い経口補助食を病院食に追加することで栄養改善を図れる場合があります。経口摂取ができない場合にはチューブを用いて栄養剤を注入することになります。栄養療法を用いることで改善を図れる状況はいくつかあることでしょう。適切な治療の一つの方法として、試してみても良いかも知れません。